粉体成形・油圧機器のユーザーニーズにお応えする─

エヌピーエーシステム

エヌピーエーシステム

  • お知らせ
  • ショールーム
  • お問い合わせ
  • 製品情報
  • 修理・メンテナンス
  • 会社情報
  • FAQ
ホーム  >  修理・メンテナンス
修理・メンテナンス
油圧システムの問題解決
油圧システムの問題解決
エヌピーエーシステム株式会社は、創業以来、多種多様な油圧機器の納入やメンテナンスを通じて、油圧現場に必要とされるサービスを提供して参りました。その中で、油圧現場で起こる数多くの問題を解決する実績を積み重ねております。
高度な技術力が必要な超高圧油圧機器の修理・メンテナンス、老朽化した設備を更新・改善するレトロフィットや低中圧域の油圧ユニットの据付け、配管工事まで、油圧装置でお悩みのことがありましたら、何でもご相談下さい。
主な対象製品
エナパック
大阪ジャッキ
理研機器
堀内機械
日東造機
TAIYO(シリンダに限る)
その他 超高圧油圧機器
問題解決の事例
案件老朽化した機器の更新・改善をしたい。
NPaの強みレトロフィットにより古い機器を更新・改善して設備の延命を実現できます。
具体例例1
老朽化品の更新・改善工事
図面が残っていない老朽化した装置も現場で診断し、油圧ユニット、ポンプ、バルブ、シリンダー、オイルモーターを新旧入れ替えました。生産中止品も他のメーカーで対応し、ユニットの据え付け工事や配管、配線接続、試運転調整を行い、50年間使い続けた使い慣れた設備をレトロフィット。新品に入れ替えるよりも低コストで済み、作業性も以前のまま変わらないので、油圧機器を使った作業現場が蘇りました。
老朽化品の更新・改善工事
例2
油圧ユニットオーバーホール
一面に黒いスラッジが溜まったオイルタンク。オイルの交換を行っただけでは、タンクの底に蓄積されたスラッジは溜まり続けます。スラッジの残留を改善するために、タンク内を清掃し、オイル交換を実施。また、スラッジの発生原因であるポンプやバルブ、パッキン類、フィルターエレメントなどの古い部品を交換。また、クーラーの清掃、油漏れ修理、調査・点検を行い、清掃と温度管理により、設備の長寿命化がはかれます。
老朽化品の更新・改善工事
例3
油圧シリンダーオーバーホール
古い油圧機器のオーバーホール。パッキンの交換や、ブッシュの交換だけでなく、専門家だからこそできる、高度なオーバーホール技術により、設備全体の寿命が大幅に伸びます。
老朽化品の更新・改善工事

ページトップへ